住宅建築にかかる費用

住宅の平均価格とボリュームライン

相当な高所得層でない限り、住宅建築において最低価格と平均価格を一番最初に調べるのが通例です。一般価格の場合には広告に掲載されているものや不動産会社の売れ筋の不動産の価格として公開されているものがそれにあたります。平均では3000万円ほどですが、都市圏の人口の多い地域に限れば4000万円ほどになります。また地方に行くと2000万円ほどが平均価格になる場合があります。いずれにせよ平均3000万円が相場と言えるでしょう。

これらの平均から大きく外れた物件として1000万円物件や5000万円物件などがいま少しずつ増えつつある種類の住宅です。格安にするために規格化された資材を用いたり、高額にするためにあえて少数生産や居住性向上に優れた資材を利用するなど、それぞれ工夫がなされています。格安であるから住みづらいということがないよう、一般的な住宅と同じような断熱性を維持しつつ住宅建築を行っているため、価格の割には住みやすさが維持されています。今時の住宅は大体ハズレと言われるような物件がなくなるよう手を尽くされているのです。格安の輸入資材なども昔に比べて品質は上がっており、住宅の寿命を縮めることなく良質な住宅建築ができるようになっています。

こだわりと妥協で価格は大きく上下します

お金のかかる物事は予算をどのように配分するかということを考えなければなりません。それは注文住宅などの住宅建築においても同様で、どこにどう拘るかによって住宅の費用は大きく上下します。特に注文住宅のように利用の住宅に近づけるために様々な改良を凝らすことができるタイプの不動産は当然ながらこだわればこだわるほど費用が大きく上がっていきます。特に品質や見た目などにこだわればどこまでも青天井で費用が上がっていく傾向が高いのです。

その一方で、最近価格が下がっているのが住宅の居住性に関わる資材で、断熱性を上げて空調の効きを良くしたり光をたくさん取り入れて雰囲気を明るめにするなど、ちょっとした資材の変更やアイデアなどでどうとでもなる部分は拘ったとしてもさほど住宅建築にかかる費用が増加することはありません。そのため予算配分においてもし力を入れるとしたら外観や内装の見た目などはある程度のところで妥協し、生活の利便性を高めることを重視した方が良いということになります。一般住宅と比べて注文住宅は大抵の場合で高額になりがちです。しかし妥協すべきところを妥協できれば、居住性やデザイン性を向上させながら価格は平均的な水準に落ち着けるということもできます。業者とのヒアリングなどでどこまで妥協できるかどこに拘りたいか、事前に伝えておくと費用のおおよその金額を事前に把握することができるでしょう。