土地の取得にかかる費用

不動産会社に支払う仲介手数料

注文住宅を建てるに当たって土地を購入しようという場合、土地そのものの値段に加えて、様々な諸経費が発生することを理解しておく必要があります。土地代だけ払えば良いと思い込んで予算ぎりぎりの値段の土地を購入してしまうと、後になって思わぬ金額の支払いを求められて資金繰りに行き詰るということになりかねないためです。諸経費の中でも比較的高額になりやすいものが、不動産会社に支払う仲介手数料です。多くの人にとって、土地をはじめとする不動産の購入はなじみが薄いイベントだけに、その道のプロである不動産会社に仲介を依頼して購入するというのが一般的です。不動産会社としては、無償で仲介サービスを提供しているわけではないため、彼らのサポートを得るためには一定の仲介手数料を支払う必要があるのです。 なお、不動産仲介手数料の相場はある程度決まっており、通常は売買される不動産価格の3パーセントに6万円を加えた金額であるとされています。例えば、5,000万円の土地を購入する場合には、その3パーセントにあたる150万円に6万円を加えた156万円が仲介手数料の金額となるのですが、これにさらに消費税が課されて実際の支払いは170万円ほどになるのです。

仲介手数料以外に必要な費用

不動産会社に支払う仲介手数料以外にも、土地の購入にあたって発生する費用は存在しています。その一つが登記費用で、これは土地の所有権を取得したことを第三者に対して主張できるようにするために必要な登記を行うために負担しなければならないものです。登記の手続きは複雑ですので、プロである行政書士や司法書士に依頼することになるのですが、その依頼料の相場は概ね5万円から10万円となっています。それに加えて、土地の評価額に応じた登録免許税が発生しますので、その分も費用としてあらかじめ見積もっておいたほうがよいでしょう。

また、土地を購入するにあたって住宅ローンを利用するということであれば、金融機関に対して保証料や手数料などを支払う必要があります。また、借り入れた金銭の返済を担保するために購入する土地に抵当権を設定しなければならないため、そのための登記費用も考慮しておいたほうがよいでしょう。

以上のほかにも、土地の購入後には不動産取得税や固定資産税といった各種の税金の支払いが発生しますし、隣地との境界を確定しようとすると土地家屋調査士に測量を行ってもらわなければなりません。すべてが必要というわけでは必ずしもありませんが、一般に土地代の5から10パーセント程度は諸経費として見ておいたほうがよいといわれています。